赤ちゃんには軟水のお水がおすすめ!

赤ちゃんにやさしいのは、軟水?硬水?
赤ちゃんに飲ませるなら、硬水よりも軟水のお水がおすすめです。
その理由は、お水に含まれるミネラルが大きく関係しています。
赤ちゃんのお腹には、ミネラル成分の少ない軟水の方が優しいのです。

「ミネラルが豊富に含まれている」ときくと、なんだか健康的なイメージがありますよね。しかし、それは大人にとっての話で、赤ちゃんには当てはまりません。
まだ消化器官が発達しきっていない赤ちゃんにとって大事なのは、豊富な成分よりも消化しやすいかどうかなのです。

軟水は、硬水よりもミネラルの含有量が少なく、赤ちゃんの消化の負担が少なくなります。
ミルクなどを飲むたびにお腹を壊さないように、赤ちゃんには硬度の低い軟水のお水を選んであげましょう。

水道水よりも安心なウォーターサーバーのお水

日本の家庭の水道水は、ほとんどが軟水です。
お水の硬度の面で言えば、水道水で作ったミルクも赤ちゃんの消化の負担は少ないと言えます

ただ気になるのは水道水には、消毒のための塩素が含まれているという点です。
塩素も赤ちゃんに飲ませるとなると健康面で好ましいとは言えません。
水道水でミルクをつくる場合は、1度沸騰させて塩素を飛ばしてから使用するようにするのが安心です。

日本国内の天然水も水道水と同じく軟水のものが多いです。
水道水と比べると余計な成分も少ないので、より安心感のあるお水と言えます。
ウォーターサーバーや市販の天然水でミルクをつくる家庭も増えてきています。

赤ちゃんの負担や健康面を考えると、そういった選択になるのも自然な流れではないでしょうか。

ウォーターサーバーは赤ちゃんのミルク作りやお茶デビューにも活

天然水のウォーターサーバーを利用する場合、赤ちゃんの体だけでなく、育児をするママさんやパパさんにもメリットがたくさんあります。

まず、赤ちゃんへの負担が少ないので安心して使えます。

次に、育児の負担が減ります。
例えば、
お水は宅配で自宅まで届くので、買い物の時に重いお水を買わなくてすむようになります。
そして、温水がすぐに使えるというのが、市販のお水を買うのと大きく違います。
ミルクをつくるときは、どうしても水だけではつくれません。
毎回お湯を沸かすことを考えると、温水と冷水がすぐにウォーターサーバーでミルクをつくる時間が大幅に短縮できます。お腹がすいて泣き出してしまった赤ちゃんを待たせることもありません。

また、麦茶デビューするときにもウォーターサーバーの温水が活躍します
赤ちゃんは大人のように1度にたくさんの麦茶を飲めません。開封して余った麦茶は冷蔵庫で保存をしますが、次に飲むときにそのまま与えてしまうと赤ちゃんにとって冷たすぎてお腹に負担がかかります。
そんなときに、ウォーターサーバーの温水を少し加えてあげると、ちょうどいい温度になってすぐに麦茶を飲ませられます。

その他にも、離乳食にも使えたりと、ウォーターサーバーは赤ちゃんのいるご家庭では大活躍のアイテムなのです。

衛生面でも優れたウォーターサーバー選びを

赤ちゃんのためのウォーターサーバー選びで、もうひとつ気にしていただきたいのが、ウォーターサーバーの衛生面です。
定期的なメンテナンスが受けられる、もしくはメンテナンスをしなくても清潔で衛生的な状態が保たれるウォーターサーバーを選ぶべきです。

ウォーターサーバーは需要とともに、提供する事業者も増えています。
なかには、メンテナンスは利用者自身でおこなわなければならないウォーターサーバーもあります。
目に見える範囲のメンテナンスや掃除は可能ですが、さすがに内部までとなると難しい面もでてきます。

メンテナンス料がかかったとしても、かわいい赤ちゃんのために清潔なウォーターサーバーを選びたいですね。