みずモールは後悔しないウォーターサーバー選びをお手伝いします。ウォーターサーバー比較のポイントから、各社の特色、ウォーターサーバーに関する豆知識まで、様々なお役立ち情報を発信しています。

比較と選び方

  • HOME »
  • 比較と選び方

自分にぴったりのウォーターサーバーを選ぶために

ウォーターサーバーを設置したいけど、たくさんある中から、どれを選んでいいかわからない。
そんなお悩みを抱えている人も少なくないと思います。
自分や家族にぴったりの1台を選ぶためのポイントをご紹介します

ウォーターサーバーの用途を整理する

ウォーターサーバーは、お水の種類やサーバーの種類が豊富で、比較するポイントがたくさんあります。
すべての面でベストなウォーターサーバーはありませんので、自分や家族のライフスタイルを見つめ直して、用途や目的など選ぶ基準を整理して明確にすると選びやすくなります。

水を基準にウォーターサーバーを選ぶ

「美味しいお水を飲みたい」
「美容や健康のためにウォーターサーバーを使いたい」
「料理で使いたい」
「こどもに安全な水を飲ませたい」
このような用途を優先するなら、宅配してくれる水の種類ででウォーターサーバーを選ぶことをおすすめします。
ウォーターサーバーの水は、おもに天然水とRO水の2種類があり、さらにメーカーごとに採水地などが異なります。
目的や用途によって、最適な水が異なりますので、各ウォーターサーバーの水の比較が重要なポイントになります。

ウォーターサーバーの本体機能で選ぶ

ウォーターサーバー本体も、提供会社によって形やサイズ、機能が異なります。
省スペースのものが良ければサイズを比較、部屋の雰囲気に合わせてインテリア感覚で選ぶならデザインや色を比較、小さなお子さまがいるならチャイルドロック機能で比較するなど、さまざまな選択肢があります。
サーバー本体で選ぶ場合も、やはり何を優先基準とするかを決めておいた方が選びやすくなります。
水とお湯の設定温度や、水の交換方法、ボトル1本辺りの容量なども使い勝手に関わってくる部分なので、選択の基準にする方が多いようです。
妊婦さんや主婦など、女性がメインで利用することが多い家庭では、水交換時の負担が少ない足元交換ボトルや、ボトル1本あたりの容量が少ないタイプが人気のようです。

料金でウォーターサーバーを選ぶ

とにかくコストを抑えてウォーターサーバーを使いたい。
そんな方は、水の注文ノルマと500ml辺りの料金、月々の電気代などで比べてみると最適なウォーターサーバーが選びやすいです。
注文ノルマとは、1ヶ月あたりに必ず注文しなければならない水の量のことです。注文ノルマとボトル1本あたりの料金によって、月々の最低注文金額(ランニングコスト)が変わります。注文ノルマはほとんどのウォーターサーバーで設定されていますが普通に使っていれば使いきってしまう量に設定されているケースが多いです。
同じ量の注文ノルマだった場合、500mlあたりの料金が安い水の方が節約できると言えます。
更に細かく料金にこだわりたい方は、サーバーの電気代を比較することで、より正確なランニングコストを把握することができます。

水の宅配方法で選ぶ

水の宅配方法も、ウォーターサーバーを選ぶときの重要な要素となります。
宅配方式で比較するポイントは、使い終わった容器の取扱いと、水を定期的に宅配してもらうか都度注文にするかです。

使い終わった容器の取り扱いについては、主にワンウェイ方式とリターナブル方式と言う2つの宅配方法のどちらかによって変わります。
おすすめはワンウェイ方式です。
ワンウェイ方式は、空になった水の容器を家庭ごみとして処分できるので、家の中のスペースを占有することがありません。
もうひとつのリターナブル方式とは、容器を業者に返却する必要があるため、回収にくるまで家で保管しておかなければなりません。
お寿司の出前をとるときに、捨てられる容器か回収が必要な容器かを選ぶイメージです。

また、水の注文サイクルですが、ある程度使う水の量が想定できる場合には、定期的に届けてくれる方が注文の手間もなくラクです。
反対に都度注文のメリットは、無駄な水が家にたまっていかない点にあります。
ウォーターサーバーを初めて使うときなどは、月間の水の使用量もわかりづらいと思いますので、都度注文の方がおすすめと言えます。

  • [宅配方法を比較]
  • [注文サイクルを比較]

 

ウォーターサーバーのレンタル料&サイズ比較

お気に入りの色で選ぶウォーターサーバー

スポンサーリンク



PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.