ウォーターサーバーを選ぶなら軟水?硬水?

お水には軟水と硬水があると言うのをご存知ですか。
ウォーターサーバーに限ったことではなく、ペットボトルで売っているお水も軟水のものと硬水のものがあります。
軟水と硬水のそれぞれの特徴と、取り扱いのあるウォーターサーバーをご紹介します。

軟水と硬水の違いは何?境界線はどこにある?

飲料水として普段何気なく飲んでいますが、軟水と硬水は、いったい何が違うのでしょうか。

その違いは、お水の成分にあります。
1,000ml(1L)のお水に含まれるマグネシウムとカルシウムの含有率によって、まず「硬度」と言うものが決まります。
マグネシウムとカルシウムが多く含まれるものほど、硬度が高くなりいわゆる硬い水になります。
単位はmg/Lで表されることが多いです。

そして、軟水と硬水の境界線ですが、実は国や地域によって異なる状況です。
WHOの定める境界線は一応存在していて、
硬度 120mg/L未満は「軟水」
硬度 120mg/L以上は「硬水」
とされています。

しかし、日本国内では、軟水と硬水の間に中硬水と言う呼び方が存在したり、Webサイトによっては超軟水や超硬水なんて呼び方をしているところもあります。

ウォーターサーバーのお水を選ぶときは軟水・硬水の表記だけでなく、硬度を基準に判断するとよいと思います。

軟水の特徴

軟水は、マグネシウムやカルシウムの含有率が低いため、下記のような特徴があると言われています。

・口当たりが柔らかい
・料理などで素材の良さを引き出しやすい(旨味や風味)
・お茶やコーヒー、紅茶などの香りが引き立つ

日本のお水は軟水が多いので、馴染みがあるのは軟水だと言えます。
日本料理のように風味を大切にする料理にもよく使われているそうです。
また、赤ちゃんのミルクにも軟水の方が適していると言われています。

硬水の特徴

マグネシウムとカルシウムの含有率が高いと言うことは、硬水の方が軟水よりもミネラル成分を多く含んでいると言えます。
ミネラル成分を含んでいることから、下記のような特徴があると言われています。

・スポーツなど、汗をかいて失われるミネラルも水分と一緒に補給できる
・便秘などの解消によい
・赤ちゃんはミネラルの消化が苦手なので、飲ませない方がいい
・一方で、妊婦さんは硬水の方がカルシウム補給などのメリットがある

口当たりや喉ごしも、軟水に比べて違いがあり、これは好みがわかれます。

軟水も硬水も、それぞれに良いところがありますので、用途や好みにあわせてお水を選びましょう。

軟水を取り扱っているウォーターサーバー







※随時更新中